プラセンタの種類とその危険性・安全性

いつの時代も「美」へのあこがれは尽きないもので、現代の女性の間でも様々なサプリメントや美容グッズがもてはやされています。最近特に話題なのが、成長因子(グロースファクター)やアミノ酸、ミネラルなど美しくなるための栄養素が豊富な「プラセンタ」。サプリやドリンクなど今では様々なものが種類のプラセンタが販売されています。

古くは、世界の三大美女とも言われている楊貴妃も若返りの薬として飲んでいたと言われていますが、その時代のプラセンタは今の栄養成分などを抽出した「プラセンタサプリ」や「プラセンタドリンク」などと言うものではなく、文字通りプラセンタ=胎盤を摂っていたのかと思うと、それはそれで凄い事ですね。

このプラセンタ、上記の通り動物の胎盤を原料としているため、一部では安全性などに不安を覚えている方も居るようです。アレルギー反応や拒絶反応など起こさないのか? 衛生面や、病気なども気になりますよね?

当サイトではプラセンタの種類とその危険性や副作用、安全性についてフォーカスして調べた事を書いていますので、プラセンタが気になるけど副作用が怖いと言う方は、読んで判断の材料にしていただけたらと思います。

プラセンタの種類の基礎知識

プラセンタの商品には色んな種類があって、その種類によって効果などが変わってきます。どのような種類があるのかと言うと、大きく分類して「プラセンタサプリ」「プラセンタドリンク」「プラセンタゼリー」「プラセンタ注射」「プラセンタコスメ」などがあります。

簡単に特徴の説明をしますと、まず人気の高いプラセンタサプリは携帯性が高く摂取のし易さが特長です。原料は豚や馬が主流ですが海外産でまれに羊などもあったりします。次に「プラセンタドリンク」「プラセンタゼリー」ですが、これも手軽に使用でき、大抵のものは美味しく作られているので女性に人気です。原料はやはり豚、馬が主流になります。

「プラセンタ注射」はパッと聞いた時に怖い印象を受けるかもしれませんが、原料はより安全な人由来のものが使われますし何か副作用が起きた報告も無いので、きちんとした病院を選択すれば安心かと思います。

「プラセンタコスメ」は直接体内に摂取しませんので、効果は他より限定的となりますが、体内に入れるのに抵抗がある方には良いかも知れません。

簡単にプラセンタの種類についての説明となりましたが、原料や副作用についてもっと詳しく知りたい方は、他のページも覗いて見て下さいね。